走行距離の意外な落とし穴|中古バイクを買うならここも見よう

中古バイクを購入する際に一つの目安となる「走行距離」はかなりの方が気にするポイントだと思います。
やはり、走行距離によっては新品同様の販売価格で売られていたり、安く売られていたりなど購入するうえで重要な点になってくるかと思います。
実際に走行距離が多ければ多い分、購入後の走行があまりできなくなってしまうため販売価格が高くても走行距離が短い中古バイクを選ばれるかと思います。
この中古バイクの走行距離はもちろん重要なポイントとなるのですが、それで捉われてしまうと後々大変なことになるかもしれません。
実はこの走行距離ですが改ざんはそれほど難しい物ではなくメーターを戻したり、メーターを取り替えたりすることにより実際の距離より短くすることが可能です。
中古バイクを購入する際は、メーター以外の箇所でハンドルグリップやステップのゴムの減り方も同時に確認するといいでしょう。
メーターの走行距離に比例してゴムはすり減っていく物です。
走行距離に対してゴムのすり減り方の量がおかしいとその中古バイクは注意が必要です。