前へ
次へ

SFAの種類も様々、SFAの種類のタイプとは

SFAにおける営業支援システムは、企業によって営業スタイルも様々であり、SFAの種類も様々な種類が存在します。
よく利用されているSFAのタイプは、CRM、顧客関係管理システムと連携をしているSFAです。
顧客関係管理システムは、実際に営業によって獲得した顧客情報などもあり、ニーズの層からSFAに反映できるシステムでもあるのです。
企業によっては、営業先が限られている企業もあり、一つの企業で多くの商談を抱えている場合もあります。
これに最適なSFAは、訪問に対する情報と商談内容の管理に特化したシステムもあります。
従来の営業の考え方の中には、数多く営業かければ、営業の成約の確率が高まる考え方がありました。
ただし、それは効率的とは言えず、近年のSFAには、AIと連携を図り、成約に結びつきやすいユーザー層に絞るシステムも存在します。
中小企業の中には、こなせる仕事量にも制限があり、多くの成約を必要としていない場合もあるでしょう。
SFAには、営業だけに特化したSFAもあり、コンパクトに営業の管理を効率よく行ってくれる営業支援システムの導入も流行を見せています。

Page Top