こんな中古バイクは危険!買ってはいけないバイクの特徴

初めてのバイクを買う方の中には中古バイクを買うという選択をされる方もいらっしゃるかと思います。
中古バイクは新車のバイクと違い安く欲しかったバイクが手に入るというメリットがあります。
しかし中古バイクの選び方を失敗してしまうと修理代などで結果的に新車のバイクを買うより費用が高くついてしまう可能性があります。
買って失敗してしまう中古バイクの特徴として何かしらのトラブルか起こる可能性があるバイクです。
以下のような場合は購入を避ける方がいいでしょう。
買ってはいけない中古バイクの特徴。
①エンジンについて。
・セル一発で指導するか。
・指導後にガラガラとした違和感ある音がしないか。
・オイルのにじみ跡が無いかどうか。
②サスペンションについて。
・ストローク時に引っ掛かりのようなものは感じないか。
・ストロークさせ話した時にゆっくりと戻ってくるかどうか。
③事故歴があるバイクの場合。
・左右にハンドルを切った時に引っ掛かりがないか。
・一部のみ新しい部品に交換されていないか。